ベランダの四季

マンション6階のベランダでできるガーデニング。四季折々の草花に、ぐみやなつめ、いちじくの鉢植えも。リンゴや巨峰もなりました。夏にはピーマン、ゴーヤ、キュウリ、ミニトマト。


デフ・ヴォイス

  1. 2017/06/21(水) 07:33:54_
  2. その他いろいろ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
知人に借りた「デフ・ヴォイス」を読み終えた。



聴覚にハンディを持つ「ろう者」同士の間に生まれた
耳の聞こえる子どもを、英語で「コーダ」という。
Children of Deaf Adults (ろう者の親の子ども)の略だが、
筆者を含め聴覚障害の世界と近しくない人にとって、
この言葉は初めて聞くものではなかろうか。
作者はこの言葉を効果的に紹介し、
「コーダ」である尚人がかかわる二つの事件と、
彼自身の生き方の変化という物語を併走させる。

両親が手話を使う「コーダ」は音声による日本語より先に
手話を覚えるため、心理的には「ろう者」という指摘が作品中にある。
尚人もそのような経験を持ちながら社会に出ていく。
だが一歩家を出れば彼は「健常者」であり、「普通の人」として
社会参加し、恋愛する。
家族のことを語らなければ「コーダ」としての立場を
知られることはない。

それでも「コーダ」であるという事実は、
彼にとって開かずの間ならぬ「封印の間」として厳然と存在する。
彼はそんな秘め事を抱えたまま、
20年間警察の事務員として働いた。
43歳で失職し、求職難に直面してやむなく手話通訳の仕事を
選択肢に入れると、この「封印の間」がにわかに自己主張を始める。
少女の質問は、そんな尚人にふたたび突きつけられるのである。
                   <三宮麻由子  解説より>

001_convert_20170620195232.jpg


スポンサーサイト


<<ツマグロヒョウモンの羽化 | BLOG TOP | カブちゃん誕生>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




プロフィール

hatukagawa

Author:hatukagawa
マンション6階のベランダから武庫川が見渡せます。
ベランダには160鉢がひしめき合っています・・・。

難聴者やその他の障害をお持ちの方が気軽に集える「たんぽぽ」の会を始めました。

最新トラックバック

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR